札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

既存コース(~2015年度入学者)

空間デザイン、製品デザイン、コンテンツデザイン、メディアデザインの既存4コース。

空間デザインコース

建築デザインと環境デザインが融合した実践的な授業を通して、人に関わる建築と環境、景観に配慮した空間をデザインできる人材を育てます。

空間デザインは、建築デザインと環境デザインを融合し、人間が日々安全で安心して生活できる空間を、地域の歴史や文化を踏まえながら 創造してゆく領域です。

研究成果を踏まえた講義と、現状を調査・分析し、課題を見つけ出し、具体的な計画や設計に結びつける演習・実習を通して表現力と説明力を習得します。
インテリアデザイン、家具製作、住宅やギャラリーなどの小規模空間、まちづくりセンターや美術館などの公共空間、都市部の集住体、温泉観光地の宿泊施設、歴史的建造物の再生に至るまで外部環境と内部環境に配慮した空間デザイン能力を備えた人材を育てます。

卒業後は、大学院への進学などと行政機関、総合建設業、建築設計事務所やコンサルタント、建築木製品加工業、家具製造業などへの就職と幅広い進路があります。
現実を踏まえ未来を志向する実学としての空間デザインを学ぶことができます。

空間デザインコース 教員一覧

氏名 職位 研究分野キーワード
斉藤 雅也 教授 建築環境学、パッシブ建築デザイン、熱力学
羽深 久夫 教授 建築史、歴史的建造物の保存再生
矢部 和夫 教授 湿地生態系の構造と機能及びその保全
椎野 亜紀夫 准教授 ランドスケープ、子どもの遊び場、公園緑地計画
森 朋子 准教授 都市計画、都市デザイン、地域保全計画、歴史的集落・町並み、文化遺産
山田 信博 准教授 建築設計、居住計画、リノベーション
山田 良 准教授 建築デザイン、環境芸術、空間的美学
大島 卓 講師 ランドスケープデザイン、地域再生デザイン
片山 めぐみ 講師 建築計画、環境心理学、災害心理学
金子 晋也 助教 建築意匠

製品デザインコース

生活者の視点からニーズを発掘し、工学やマーケティングの技術やノウハウも駆使して、使いやすく、心地よく、かつ魅力のある製品を企画し、具現化できる人材を育成します。 製品デザインコースでは人々の日々の生活やビジネスシーンのシミュレーションを通じて、製品とユーザの望ましい関係性を探ります。

常にユーザを中心に置き、ユーザの生活やビジネスを支援するサービスを提供する媒体としての製品をデザインするという立場から、感性工学、メカトロニクス、マーケティング、インタフェースデザイン等の手法を総合的に融合し、具体的な形に詰めていくデザインプロセスを実践します。
また、より多くの人々に配慮したユニバーサルデザイン、持続可能な社会づくりに貢献するエコデザインなど、人々のライフスタイルにインパクトを与える製品を企画開発できる人材を育成し、製造業だけでなく、サービス業も含めた幅広いビジネス分野での活躍を目指します。

製品デザインコース 教員一覧

氏名 職位 研究分野キーワード
安齋 利典 教授 プロダクトデザイン、デザインマネジメント、ヒューマンセンタードデザイン
若林 尚樹 教授 情報デザイン、インタラクションデザイン、ワークショップデザイン、学びのデザイン
柿山 浩一郎 准教授 感性情報学、情報プロダクト、製品評価
張 浦華 准教授 感性情報学、感性インタラクション
三谷 篤史 准教授 メカトロニクス、マイクロパーツフィーダ
金 秀敬 講師 感性情報、評価法、マルチモーダル知覚
小宮 加容子 講師 福祉工学、リハビリ・知育玩具
矢久保 空遥 助教 音印象評価、意匠形態学、音響情報処理
蓮見 孝 特任教授 プロダクトデザイン、ユニバーサルデザイン、ソシオデザイン

コンテンツデザインコース

高度な情報通信システムを使いこなし、ビジュアルコミュニケーションの能力に長けた人材や未来型インタフェース(情報のやりとりを仲介すること)表現を志向する人材を育成します。

コンテンツデザインコースは、高度な情報通信技術を使いこなし、本来の目的である人々の豊かなコミュニケーションと文化を支援するためのデザインを総合的に学んでいきます。
驚異的なスピードで進化する現代の情報化社会において、メディアは人々の生活や文化の価値観をも大きく変えようとし、産業としても高い社会的ニーズがあります。質の高いコンテンツを生み出すには、創造力、マーケティング力、ネットワーク技術力など幅広い知識と技術が必要です。
そこで、人や社会がどのような情報やサービスを求めているかを考え、鋭い洞察力と豊かな感性で具現化可能な、高度な技術と知識を身につけた人材を育成していきます。

コンテンツデザインコース 教員一覧

氏名 職位 研究分野キーワード
石井 雅博 教授 視覚心理学、人間情報処理、立体視、実験心理学
城間 祥之 教授 CAD/CAM、IT機器の筐体デザイン
細谷 多聞 教授 プロダクトデザイン、デジタルデザイン
藤木 淳 准教授 デジタルデザイン、メディア芸術、表現原理、計算哲学
大渕 一博 講師 情報通信工学、教育工学、感性工学
福田 大年 講師 情報デザイン、インタラクションデザイン
松永 康佑 講師 コンピュータグラフィックス、仮想身体、インタラクティブアート、ゲーム

メディアデザインコース

多彩なメディアビジネスを企画・立案するプロデュース型人材を育成します。創造産業全般を対象に、次世代のメディア芸術、広告マーケティングやブランド構築など、文化の経済価値を学びます。

メディアデザインコースは、情報の送り手と受け手を繋ぎ、私たちの生活や文化に不可欠なコミュニケーションの仕組みを作る分野です。 メディアデザインコースの専門教育領域は、現代美術から広告、ブランド構築、映像、情報デザイン、CGMの分野に至るまで、幅広い教授陣によって指導され、将来のメディア産業や創造産業分野(広告宣伝、現代美術、放送、出版、音楽、映像、インターネット)を担うプロデューサー型人材を育成します。高度化する企画・プレゼンテーション技術、映像制作、ブランド構築の方法論、次世代の広告デザインなど、時代のライフスタイルを形成するデザイン分野の先導的人材の輩出を目指します。 実際の企業や行政などとの連携・協同による地域貢献やプロジェクト提案など、大学と社会との密接な関係構築を目指していきます。

メディアデザインコース 教員一覧

氏名 職位 研究分野キーワード
上遠野 敏 教授 彫刻及びアート作品制作、現代美術研究
武田 亘明 准教授 メディア教育学、企画デザイン、マーケティング、教育工学、中国哲学
石田 勝也 講師 映像制作、空間演出、サウンド&ビジュアルパフォーマンス
須之内 元洋 講師 インターネットメディア、 創造制作技術/支援、デジタルアーカイブ、都市とメディア、知覚情報処理
田島 悠史 助教 小規模地域アートイベント、カルチュラルアントレプレナー、メディアアート、地域創成、場所メディア