札幌市立大学 SAPPORO CITY UNIVERSITY

地域看護学領域

地域全体の健康水準の向上をはかるための計画やしくみづくりを考える看護学です。

地域看護学の支援の対象は、地域に暮らす個人や家族、グループや地域組織,特定集団(学校や職域など)の人々です。
これらの人々が主体的に疾病の予防・健康の増進に取り組めるような個別的な支援と、地域全体の健康水準の向上をはかるための計画やしくみづくりを考えて具体化していく看護学です。

地域看護学で学ぶこと

本学では次のような実践能力を求めています。

  • 地域を対象とした看護の考え方
  • ライフサイクルおよび対象別の保健活動
  • 地域全体に対する保健活動

 

主な授業紹介

  • 公衆衛生看護学概論
  • 公衆衛生看護援助論1
  • 公衆衛生看護援助論2
  • 保健医療福祉行政論1
  • 保健医療福祉行政論2
  • 公衆衛生看護学臨地実習1
  • 公衆衛生看護学臨地実習2
    など

想定される進路

  • 臨床看護分野(病院・診療所など)
  • 福祉看護分野(介護福祉施設など)
  • 在宅看護分野(訪問看護ステーションなど)
  • 行政看護分野(保健所・保健センターなど)

取得可能な資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格

教員紹介

教員一覧

研究テーマ

デザイン学部との共同研究テーマ
  • 地域資源が高齢者の生活行動に及ぼす影響とその健康との関連に関する基礎研究
    ―外出傾向とその根拠となる心理社会的要求に焦点をあてて―